top of page

希望の物語

先日のケア・インターナショナル・ジャパンのウクライナ支援オンラインイベントのゲストは、ウクライナから昨年の春に日本に避難して来たソフィアさん。

 ウクライナの名門医科大学の3年生だった。日本でもそうだが、ウクライナで医師になることは社会的にも経済的にも安定し、人生が見通せる。ソフィアさんには「希望の物語」があった。

 ロシアの仕掛けた戦争はその将来の夢を打ち砕いた。昨年5月の移民政策学会で話をしてもらった時、「将来の希望は?」と問われて彼女は「I live now ...私は今を生きるだけ」と答えた。「希望の物語」は消えた。絶望と混乱の中で希望など持ちようがなかったのだ。それでも自分の生きる意味を問い直し、助けてくれた日本へのお返しもしたいと言っていた。

 あれからまもなく一年、ソフィアさんは日本語学校で勉強しながら、大学進学の夢を語ってくれた。とても賢明な彼女を欲しがる大学も出てくるだろう。

 彼女は「希望」を語ってくれた。ただ、言葉の持つ明るいイメージとは違って、彼女(たち)の「希望」は切なさを伴う。戦争が続き、ウクライナの国民も国家も先のことは分からない。確実なものは何一つなく、不安と焦燥の中で人々は生きる。日本に避難した人々も、先が見えない。言葉、お金、仕事、子供の教育、ウクライナに残した夫や父親の安否...。日本での法的な地位すら不安定だ。

 そんな時、人々はいつかこの戦争は終わる、ウクライナは勝つ、昔の平和な生活が戻って来る、という希望を持つ、というより希望にすがる。その希望が満たされるかは誰にも分からない。ただ、不安の先に「希望の物語」があると信じるとき、それは逆境を乗り越える力になる。その力が希望を現実のものにするのだ。

 ウクライナの人々が今までロシアの侵略に持ちこたえたのも、皆が希望の実現を信じたからではないか。

 世界中の多くの難民が、すべてを失うなかで希望だけを頼りに生きている。そんな難民・避難民難民の心の強さは、僕らのように「平和」な国に住む人々にインスピレーションを与える。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

英国の難民排除政策

引用サイト 英 不法入国者の申請認めない法律成立へ 人権団体は批判 | NHK | イギリス 人権を尊重し難民政策で先進的と思われてきた英国だが、そのためもあって英国で難民申請をしようとする者が、フランスからボートで不法入国を図るようになった。昨年は4万5000人もが国境(領海)で拘束された。 この「不法移民法」が実施されれば、不法入国した者は難民申請すらさせずにルワンダなどに送られる。明らかな難

本国情勢を踏まえたスーダン人への緊急避難措置

在留スーダン人(約400人)について、希望する場合、個別の事情を踏まえつつ就労可能な「特定活動」の在留資格を付与して在留を認めるだけでなく、すでに退去強制を命じられた者についても同様に扱い、強制送還はしないという。 この情報は、入管庁ホームページのトップページから、公表情報=>各種公表情報=>在留資格関係=> その他、まで行ってようやくたどり着ける。(そこにはアフガニスタン人やミャンマー人への特別

アフガン退避者114名の難民認定

いいことだ。これで昨年来のアフガン難民認定者は261人になる。今後もアフガン退避者の難民認定は続くだろう。 変わりゆく現実を認めず、未だ「日本の難民認定率は1パーセント」「難民鎖国」などと唱え続ける一部NGOやメディアもあるが、日本は着実に「難民開国」に向かっている。 もっとも、認定は安定した生活に至る一つのカベに過ぎない。日本語の勉強、住宅と就労先の確保、子供の教育などなど、いくつものカベがこの

bottom of page