top of page

アウシュビッツ

出張の最終日は、1951年の難民条約の原点とも言えるポーランドのアウシュビッツ収容所跡を訪問。欧州各国からの若者が大勢いた。

今も残るガス室では、多い時には1日6000人がチクロンBという毒ガスで殺されたという。ガス室の壁には、苦悶する人々の爪痕らしいものが残っている。隣の部屋には遺体焼却炉がいくつも並んでいる。

アウシュビッツを解放したのがソビエト軍だったというのは、今のロシア軍のウクライナでの蛮行を見ればなんとも皮肉だ。

ポーランドは、ウクライナを協力に支持し、最近は戦闘機を四機送ったが、その背景には、かつてソ連がポーランドを侵略したという記憶がある。

アウシュビッツからクラコーへのバスは混んでいて1時間半の旅は立ち乗り。違う若者達に2回も席を譲られて、2回目は受けざるを得なかった。フランス人の男の子だった。僕は筋トレをしていたのだが、疲れてフラフラしているように見えたか。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

英国の難民排除政策

引用サイト 英 不法入国者の申請認めない法律成立へ 人権団体は批判 | NHK | イギリス 人権を尊重し難民政策で先進的と思われてきた英国だが、そのためもあって英国で難民申請をしようとする者が、フランスからボートで不法入国を図るようになった。昨年は4万5000人もが国境(領海)で拘束された。 この「不法移民法」が実施されれば、不法入国した者は難民申請すらさせずにルワンダなどに送られる。明らかな難

本国情勢を踏まえたスーダン人への緊急避難措置

在留スーダン人(約400人)について、希望する場合、個別の事情を踏まえつつ就労可能な「特定活動」の在留資格を付与して在留を認めるだけでなく、すでに退去強制を命じられた者についても同様に扱い、強制送還はしないという。 この情報は、入管庁ホームページのトップページから、公表情報=>各種公表情報=>在留資格関係=> その他、まで行ってようやくたどり着ける。(そこにはアフガニスタン人やミャンマー人への特別

bottom of page