top of page

難民問題大図解-東京新聞

ルール違反かもしれないが、明日の東京新聞日曜版の「難民問題大図解」を宣伝してしまう。

今年は1951年の難民条約成立70周年、1981年の日本の難民条約加入40周年であることを機に、難民問題の歴史、1951年の難民条約の成立とその限界、日本の難民政策など、見開きページに高校や大学での授業にも使える情報がぎっしり詰めこまれている。定評ある東京新聞の「学校の教材に役立つ大図解」シリーズの1528回目。このシリーズは30年も続いている。

1981年以来、世界の難民数は1000万人から2600万人に増えたが、日本での総保護数は逆に減少していることが見て取れる。

右下にある「条約が難民を保護するのではなく、条約の精神を尊ぶ人、国が難民を保護する」というのは至言。

興味深いことに右側に僕の解説まで付いていて、これが価値付加となるか価値棄損になるか不明。

実を言うと、10年ぐらい前にやはり難民問題で「大図鑑」に解説を書いたのをきっかけに東京新聞を購読していたのだが、やや過激な主張が多いと感じて止めてしまった。なのに、解説記事を書いてくれと言われた途端に東京新聞を褒めたりするところに、僕の主体性と一貫性のなさ、または風見鶏性が表れるのだな。反省反省。

今朝コンビニ売店でチェックしたら、本体しかなかった。この図解は別売りの可能性がある。その場合、03-6910-2557(お客様センター)から注文できる。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

英国の難民排除政策

引用サイト 英 不法入国者の申請認めない法律成立へ 人権団体は批判 | NHK | イギリス 人権を尊重し難民政策で先進的と思われてきた英国だが、そのためもあって英国で難民申請をしようとする者が、フランスからボートで不法入国を図るようになった。昨年は4万5000人もが国境(領海)で拘束された。 この「不法移民法」が実施されれば、不法入国した者は難民申請すらさせずにルワンダなどに送られる。明らかな難

本国情勢を踏まえたスーダン人への緊急避難措置

在留スーダン人(約400人)について、希望する場合、個別の事情を踏まえつつ就労可能な「特定活動」の在留資格を付与して在留を認めるだけでなく、すでに退去強制を命じられた者についても同様に扱い、強制送還はしないという。 この情報は、入管庁ホームページのトップページから、公表情報=>各種公表情報=>在留資格関係=> その他、まで行ってようやくたどり着ける。(そこにはアフガニスタン人やミャンマー人への特別

アフガン退避者114名の難民認定

いいことだ。これで昨年来のアフガン難民認定者は261人になる。今後もアフガン退避者の難民認定は続くだろう。 変わりゆく現実を認めず、未だ「日本の難民認定率は1パーセント」「難民鎖国」などと唱え続ける一部NGOやメディアもあるが、日本は着実に「難民開国」に向かっている。 もっとも、認定は安定した生活に至る一つのカベに過ぎない。日本語の勉強、住宅と就労先の確保、子供の教育などなど、いくつものカベがこの

bottom of page