top of page

日本8万2892人、英国80~120万人

毎日新聞のインタビューを受けたついでに、非正規滞在外国人(不法滞在者など)の統計を調べた。入管庁によると日本にいる非正規滞在者は現時点で8万2892人。1993年に30万人ぐらいいたが、厳しい取り締まりで2012年には6万人を割り、その後に外国人観光客増加などもあり漸増している。日本では出入国記録がしっかりしているので、入国記録と出国予定日までに出国したかを比べることで不法滞在が分かる。

欧州諸国ではどうか?意外なことに各国とも正確な統計がない。EU加盟国の間では人々は自由に移動でき、国境での検問や出入国記録もない(なかった)からだ。例えばフランスで不法滞在状態になっても、英国に移動してしまえば両国ともそれを把握できない。

英国では政府が2005年に43万人という推計値を出してから公式統計がない。アメリカの調査会社ピュー・リサーチセンターによれば、2017年の英国の不法滞在者の推定値は80万人から120万人。英国の人口は約6800万人だから、人口が約2倍の日本に引き直すと160~240万人もの不法滞在者がいる計算になる。彼らがどこで何をしているかは把握されていない。反移民・難民の動きが強まるのも無理はない。

同じくドイツに100~120万人、フランスに30~40万人、イタリアにも50~70万人、アメリカに至っては桁違いの1100万人の非正規滞在者がいる。こうしてみると日本の数字の小ささが目立つ。

日本は島国で出入国が事実上は港・空港に限られて国境管理がしやすいとは言え、入管庁はこの数字を誇ってよいだろう。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

英国の難民排除政策

引用サイト 英 不法入国者の申請認めない法律成立へ 人権団体は批判 | NHK | イギリス 人権を尊重し難民政策で先進的と思われてきた英国だが、そのためもあって英国で難民申請をしようとする者が、フランスからボートで不法入国を図るようになった。昨年は4万5000人もが国境(領海)で拘束された。 この「不法移民法」が実施されれば、不法入国した者は難民申請すらさせずにルワンダなどに送られる。明らかな難

本国情勢を踏まえたスーダン人への緊急避難措置

在留スーダン人(約400人)について、希望する場合、個別の事情を踏まえつつ就労可能な「特定活動」の在留資格を付与して在留を認めるだけでなく、すでに退去強制を命じられた者についても同様に扱い、強制送還はしないという。 この情報は、入管庁ホームページのトップページから、公表情報=>各種公表情報=>在留資格関係=> その他、まで行ってようやくたどり着ける。(そこにはアフガニスタン人やミャンマー人への特別

アフガン退避者114名の難民認定

いいことだ。これで昨年来のアフガン難民認定者は261人になる。今後もアフガン退避者の難民認定は続くだろう。 変わりゆく現実を認めず、未だ「日本の難民認定率は1パーセント」「難民鎖国」などと唱え続ける一部NGOやメディアもあるが、日本は着実に「難民開国」に向かっている。 もっとも、認定は安定した生活に至る一つのカベに過ぎない。日本語の勉強、住宅と就労先の確保、子供の教育などなど、いくつものカベがこの

bottom of page