top of page

改正入管法: 補完的保護の申請の手続きなど

昨日の入管法改正を巡る参議院法務委員会の谷合正明議員の質問の中で、補完的保護について重要で具体的な質疑があった。本来、国会ではこのような議論がなされるべきだ。補完的保護認定の手続きについて入管庁次長の答弁から以下をメモした。詳細は参院法務委員会リンクの谷合議員の質疑にある。

① 難民条約にいう5つの理由(人種、宗教、国籍、特定社会集団、政治的意見)で迫害があれば難民、それ以外の理由の場合は補完的保護となる。補完的保護の該当性は、紛争や無差別暴力、拷問禁止条約など国際人権法に反する扱いを受けるなど

② 難民認定も補完的保護対象者の認定も「迫害」を前提とするが、ロシアによるウクライナ侵略は「迫害」にあたり、一人一人の申請者が(ロシアの)個別的迫害の対象とされる必要はない

③ 申請者は難民認定か補完的保護対象者認定の申請を選択できる(補完的保護だけを求めることもできる)

④ 難民認定申請があって難民と認定されなかった場合でも、法務大臣が補完的保護対象者と認定できる

⑤ 補完的保護対象者と認定されると、原則として難民認定者と同等の処遇(定住者としての在留資格や、日本語教育などの定住支援、社会保障、永住条件の緩和など)を受けることができる

⑥ 唯一の違いは補完的保護対象者には「難民旅行証明書」が発行されないこと(これは再入国許可証の発行で代替)

⑦ 難民とも補完的保護対象者とも認定されない場合でも、本国情勢の悪化など人道上の配慮が必要な場合には人道配慮によ在留許可が申請ないし職権で付与され得る

これにより、ウクライナ避難民の大半は申請すれば補完的保護対象者となるだろう。

さらに議論されるべきは9500人前後のミャンマー特別措置対象者の処遇。ミャンマーの場合は、外国からの侵略ではなく、クーデタを起こした国軍が少数民族などの国民を無差別・大規模に迫害している。多くはクーデター当時に日本に適法に在留していて、クーデターを逃れてきた者ではないという特殊事情があり、後発難民(refugee sur place )ないし後発補完的保護対象者に当たるかが問題になろう。今は人道配慮で在留特別許可が与えられているが、公表された「難民認定の手引き」によれば、かなりが補完的保護対象者と認定されるべきかもしれない。その場合、数が多いから予算措置も必要。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

英国の難民排除政策

引用サイト 英 不法入国者の申請認めない法律成立へ 人権団体は批判 | NHK | イギリス 人権を尊重し難民政策で先進的と思われてきた英国だが、そのためもあって英国で難民申請をしようとする者が、フランスからボートで不法入国を図るようになった。昨年は4万5000人もが国境(領海)で拘束された。 この「不法移民法」が実施されれば、不法入国した者は難民申請すらさせずにルワンダなどに送られる。明らかな難

本国情勢を踏まえたスーダン人への緊急避難措置

在留スーダン人(約400人)について、希望する場合、個別の事情を踏まえつつ就労可能な「特定活動」の在留資格を付与して在留を認めるだけでなく、すでに退去強制を命じられた者についても同様に扱い、強制送還はしないという。 この情報は、入管庁ホームページのトップページから、公表情報=>各種公表情報=>在留資格関係=> その他、まで行ってようやくたどり着ける。(そこにはアフガニスタン人やミャンマー人への特別

アフガン退避者114名の難民認定

いいことだ。これで昨年来のアフガン難民認定者は261人になる。今後もアフガン退避者の難民認定は続くだろう。 変わりゆく現実を認めず、未だ「日本の難民認定率は1パーセント」「難民鎖国」などと唱え続ける一部NGOやメディアもあるが、日本は着実に「難民開国」に向かっている。 もっとも、認定は安定した生活に至る一つのカベに過ぎない。日本語の勉強、住宅と就労先の確保、子供の教育などなど、いくつものカベがこの

Comments


bottom of page