top of page

子供の見たケニアのソマリア難民キャンプ生活

僕が監修を担当した、難民についてのグラフィックノーベル(漫画/劇画)の邦訳本が合同出版から出た。アメリカでいくつもの出版賞を受けた本。翻訳者はアメリカ在住の日本人女性弁護士。

 ソマリアの故郷の村を襲った武装勢力に目の前で父親を射殺され、母親とはぐれた4歳の主人公オマルは赤ちゃんだった弟ハッサンや村人と共にケニアに逃げ、ダダブ難民キャンプで15年暮らした。

 ハッサンは障害を持ち、オオヨ(母さん)という一言だけしか話せない。2人は、里親となった女性ファトマ、足に障害のあるジュリ、勝ち気な女の子ニモ、キャンプで一番聡明なマリアムらとの交流で成長する。オマルは国連職員でソーシャルワーカーのスザンヌに見いだされ、数百人に一人という倍率のアメリカへの再定住に選ばれる。念願のソーシャルワーカーになったオマルは、育ったダダブ難民キャンプを訪問し、母親と23年ぶりに奇跡の再会を果たす。

  難民問題を扱う本は、悲惨さを強調するものが多いが、ここに描かれる子供たちは単調さと不便さの中でも希望を持ち続ける。苦難の中で夢を追い続ける姿はまさに人間ドラマで、難民も普通の人であることを改めて感じさせる。

 ケニア政府は、ダダブ難民キャンプの閉鎖を命じており、キャンプの住民には不安が広がる。その背景を含め、難民問題をよりよく理解するのに好適な本。中学生以上におススメ。小学校高学年にもいいかも。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

英国の難民排除政策

引用サイト 英 不法入国者の申請認めない法律成立へ 人権団体は批判 | NHK | イギリス 人権を尊重し難民政策で先進的と思われてきた英国だが、そのためもあって英国で難民申請をしようとする者が、フランスからボートで不法入国を図るようになった。昨年は4万5000人もが国境(領海)で拘束された。 この「不法移民法」が実施されれば、不法入国した者は難民申請すらさせずにルワンダなどに送られる。明らかな難

本国情勢を踏まえたスーダン人への緊急避難措置

在留スーダン人(約400人)について、希望する場合、個別の事情を踏まえつつ就労可能な「特定活動」の在留資格を付与して在留を認めるだけでなく、すでに退去強制を命じられた者についても同様に扱い、強制送還はしないという。 この情報は、入管庁ホームページのトップページから、公表情報=>各種公表情報=>在留資格関係=> その他、まで行ってようやくたどり着ける。(そこにはアフガニスタン人やミャンマー人への特別

アフガン退避者114名の難民認定

いいことだ。これで昨年来のアフガン難民認定者は261人になる。今後もアフガン退避者の難民認定は続くだろう。 変わりゆく現実を認めず、未だ「日本の難民認定率は1パーセント」「難民鎖国」などと唱え続ける一部NGOやメディアもあるが、日本は着実に「難民開国」に向かっている。 もっとも、認定は安定した生活に至る一つのカベに過ぎない。日本語の勉強、住宅と就労先の確保、子供の教育などなど、いくつものカベがこの

Comments


bottom of page