top of page

メディアは「難民認定率」でなく「難民保護率」を使うべき

 難民支援団体に限らず、日経新聞など日本の大手メディアも「日本の難民認定率は1%以下で…」という枕詞で始まり、政府批判で終わる記事を書くことが多い。しかしこの「難民認定率」は、分子と分母に何を入れるかで大きく変動するという技術的問題があるだけでなく、政治的に利用されやすい。そして変わりつつある日本の難民認定の姿を現していない。

日本で「難民認定率」とされるものは、「条約難民と認定された者の数」を「難民申請の処理件数」で割ったものだ。例えば去年の場合、処理数6150人に対して74人の認定ということで認定率は1.27%になっている。低い。しかしその他に525人が本国情勢などを考慮して在留許可を得ている。いわゆる「補完的保護」の対象者で、この525人を入れて再計算すると9.7%になる。これを「難民保護率」と呼び、難民保護の実態をよりよく表す。

 実は、難民保護の先進国とされる欧州諸国(EU)の「難民認定率」は、この「難民保護率」を使っている(https://euaa.europa.eu/.../4141-granting-international...)。つまり条約難民としての認定数に「Subsidiary Protection補充的保護」として補完的保護数を加えているのだ。その率は平均すると35%から40%前後。ドイツも40%前後だ。

 今年になってポーランドなど欧州諸国に流入した700万人のウクライナ避難民は、既に400万人が「一時的保護」の対象者として登録されている。彼女らは「条約難民」と並んで今年の「難民認定率(=保護率)」の計算に入れられる。

 日本の昨年の「難民保護率」9.7%は、欧州諸国の35%~40%に比べると低いが、今年の「保護率」はかなり大きくなる。8月までにアフガン難民申請者145人のうち133人が認定されたこと(認定率92%)に加え、ミャンマー人申請者の認定も増えそうだ。さらに年末までに2000人近くになりそうなウクライナ避難民の大半と、ミャンマーやアフガン人の多くが「補完的保護」の対象になるだろう。

 シミュレーションをしてみよう。今年の処理件数を昨年と同じ6150件、難民認定は250人とし、ウクライナ避難民や退避アフガン人など2000人が補完的保護の対象になるとする(ウクライナ避難民のほとんどは難民申請をしないが、仮にしたとして計算する)。認定数は250件だが、保護数は250+2000=2250件となる。今までの計算による「難民認定率」は250/6150=4%だが、「難民保護率」は2250/6150=36.6%となり、欧州諸国と大差なくなる。国際比較のためには、EU と同じ計算式による「難民保護率」の方が意味を持つ。あくまでシミュレーションだが、実際の結果も似たような数字になるだろう。そうすると「認定率1パーセント以下」の政府批判言説も妥当性を失う。

 日本の「難民認定率」と「難民保護率」の差は数年前までは小さくて無視できた。「補完的保護」の数が少なかったからだ。しかし今後、「補完的保護」の対象者の数が増えそうな中で、「難民認定率」でなく「難民保護率」を使うほうが、より日本の難民保護の実態を表す。影響力の大きい大手メディアは今後、「難民認定率」でなく「難民保護率」を使うべきだろう。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

英国の難民排除政策

引用サイト 英 不法入国者の申請認めない法律成立へ 人権団体は批判 | NHK | イギリス 人権を尊重し難民政策で先進的と思われてきた英国だが、そのためもあって英国で難民申請をしようとする者が、フランスからボートで不法入国を図るようになった。昨年は4万5000人もが国境(領海)で拘束された。 この「不法移民法」が実施されれば、不法入国した者は難民申請すらさせずにルワンダなどに送られる。明らかな難

本国情勢を踏まえたスーダン人への緊急避難措置

在留スーダン人(約400人)について、希望する場合、個別の事情を踏まえつつ就労可能な「特定活動」の在留資格を付与して在留を認めるだけでなく、すでに退去強制を命じられた者についても同様に扱い、強制送還はしないという。 この情報は、入管庁ホームページのトップページから、公表情報=>各種公表情報=>在留資格関係=> その他、まで行ってようやくたどり着ける。(そこにはアフガニスタン人やミャンマー人への特別

アフガン退避者114名の難民認定

いいことだ。これで昨年来のアフガン難民認定者は261人になる。今後もアフガン退避者の難民認定は続くだろう。 変わりゆく現実を認めず、未だ「日本の難民認定率は1パーセント」「難民鎖国」などと唱え続ける一部NGOやメディアもあるが、日本は着実に「難民開国」に向かっている。 もっとも、認定は安定した生活に至る一つのカベに過ぎない。日本語の勉強、住宅と就労先の確保、子供の教育などなど、いくつものカベがこの

bottom of page