top of page

アメリカ出張日記(11) 難民支援宗教団体

23日の金曜日は、Confetence of Catholic Bishopsを訪れ、カトリック協会による世界の難民支援の歴史と現在の活動を聞いた。 1980年台の日本のインドシナ難民受け入れで真っ先に動いたのがカトリック協会など宗教団体だった。 カトリック協会による国際的な難民支援は第2次大戦の後の難民救援活動にまで遡る。その歴史は現代史の縮図でもある。 今もCatholic Relief Service などが、政治との距離をとりつつ各地で活躍する。宗教意識が薄い日本ではあまり知られていないことだ。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

英国の難民排除政策

引用サイト 英 不法入国者の申請認めない法律成立へ 人権団体は批判 | NHK | イギリス 人権を尊重し難民政策で先進的と思われてきた英国だが、そのためもあって英国で難民申請をしようとする者が、フランスからボートで不法入国を図るようになった。昨年は4万5000人もが国境(領海)で拘束された。 この「不法移民法」が実施されれば、不法入国した者は難民申請すらさせずにルワンダなどに送られる。明らかな難

本国情勢を踏まえたスーダン人への緊急避難措置

在留スーダン人(約400人)について、希望する場合、個別の事情を踏まえつつ就労可能な「特定活動」の在留資格を付与して在留を認めるだけでなく、すでに退去強制を命じられた者についても同様に扱い、強制送還はしないという。 この情報は、入管庁ホームページのトップページから、公表情報=>各種公表情報=>在留資格関係=> その他、まで行ってようやくたどり着ける。(そこにはアフガニスタン人やミャンマー人への特別

bottom of page