top of page

アメリカ出張日記(5)「世界開発報告2023」

20日には世界銀行の最も重要な年間報告"World Development Report (WRD)2023: Immigrants, Refugees, and Societies"の担当部長ザビエ氏と朝食ミーティング。WRDが移民難民を真正面から取り上げるのは初めてで、この問題の国際的重要性を示す。

僕から日本の最近の移民・難民政策の変更を聞いたザビエ氏が言うには、日本ができることは3つある。第1はPreparedness (途上国における難民の大量流出に備えた準備能力の向上)。日本は自然災害などに対する備えができている。それを、今後も起きるだろう難民の流出に活かすということ。例えばドバイやジブチでの支援物資の備蓄などが考えられる。

第2は難民に対する教育支援。例えばバングラデシュに滞留する100万人のロヒンギャ難民は十分な教育を受けておらず、「失われた世代」となりつつある。その中で日々積る不満は過激派の浸透を招き、ロヒンギャ問題が「第2のパレスチナ問題」となる可能性は十分ある。それを防ぐために日本は教育支援をすることができる。なにより教育支援は日本人が好むところだ。

第3が一番面白い。難民に語学・技術教育の機会を与え、一定の水準に達した者を日本が労働者として受け入れるというもの。誰でも受け入れるのではなく、条件を課す。ここに一種の規律を儲けるのは、規律なく流れ込む移民難民で混乱する欧米諸国で反移民難民の動きが強まっていることを考慮したものだろう。

これは僕がいうところの「規律ある人道主義」と重なる。特定技能制度によって数十万人の外国人労働者(移民)を受け入れることにしている日本にとって採用しやすい政策だ。国連難民高等弁務官のグランディも最近同趣旨の提言をしている。難民も当然ながら働いて貢献できるし、そうしたいと思っている。この提案は実されるなら多少とも人材不足に苦しむ日本を助けることになる。外国人労働者受け入れが加速する一方で、難民受入数の拡大が求められている日本にとって一石二鳥、合理的な政策だ。ただし、どのくらいの難民がその「条件」をクリアして日本に来たがるかは全くわからない。「条件」の設定次第で変わるだろうが、年に数十人、せいぜい数百人かも。それでも新しい受け入れの形ができるなら素晴らしい。

これらの提案は思い付きではない。世銀の調査・政策形成能力を動員してのWRDから出てきたものだ。難民条約による国際保護が機能しなくなった今日、「労働経済学」の視点を入れたザビエ氏の提言は真剣に検討するに値する。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

英国の難民排除政策

引用サイト 英 不法入国者の申請認めない法律成立へ 人権団体は批判 | NHK | イギリス 人権を尊重し難民政策で先進的と思われてきた英国だが、そのためもあって英国で難民申請をしようとする者が、フランスからボートで不法入国を図るようになった。昨年は4万5000人もが国境(領海)で拘束された。 この「不法移民法」が実施されれば、不法入国した者は難民申請すらさせずにルワンダなどに送られる。明らかな難

本国情勢を踏まえたスーダン人への緊急避難措置

在留スーダン人(約400人)について、希望する場合、個別の事情を踏まえつつ就労可能な「特定活動」の在留資格を付与して在留を認めるだけでなく、すでに退去強制を命じられた者についても同様に扱い、強制送還はしないという。 この情報は、入管庁ホームページのトップページから、公表情報=>各種公表情報=>在留資格関係=> その他、まで行ってようやくたどり着ける。(そこにはアフガニスタン人やミャンマー人への特別

bottom of page