top of page

アメリカの悩み

日本では、ヨーロッパの移民難民問題は良く取り上げられるが、アメリカの問題については比較的少ない。

 アメリカへの合法移民は年に100万人ぐらいいるが、その他に多くの移民が不法入国する。トランプ政権は、2020年に「タイトル42」と呼ばれる移民制限措置を導入した。伝染病などを持ち込む危険があると判断した場合に入国を禁止できる措置で、表向きは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためとされているが、実際には不法移民を入れないために適用されて、2年間で250万人が送還されたという。

 移民難民に寛容なバイデン政権は、この措置の撤廃を表明していたが、それが逆に「呼び水」となって、アメリカを目指す不法移民や難民が急増し、去年10月までの一年間で238万人もがメキシコとの国境で拘束された。一種のモラルハザードだ。バイデンの政策が行き詰まり、「タイトル42」の継続を最高裁が命ずる中で、多くが即時送還される。

 一つの大きな問題は、彼らが難民申請すら許されないまま送還されてしまうことだ。即時送還された者の中には1951年難民条約に該当する者もいるだろう。門前払いの形での難民申請者の送還は1951年難民条約に明らかに違反するが、共和党支持者を中心とした移民難民排斥派の声に屈して、政府は条約違反に目をつむる。

 移民でできた国、人権を尊重する国と言うアメリカの理念からすれば、難民を追い返すというのはあり得ないことだ。移民難民流出の根本原因である中南米諸国の混乱に、アメリカの関与が大きかったという道義的な責任もある。しかし、数百万人もの不法移民難民の流入に対する米国内の大きな反撥も政治的には無視できない。

 バイデンが、「外国人は歓迎だが、合法的に来てくれ」と言ったそうだが、移民難民側からすると、合法的ルートが狭いから非合法に入国を図る、ということになる。どこまで合法的ルートを広くするかは難しい決定。アメリカに行きたい人々は何百万人も、たぶん何千万人もいるのだ。

 移民難民問題はアメリカ国内の「分断」をさらに深刻化する。アメリカの悩みは大きい。ここでは触れないが、ヨーロッパの移民難民問題も深刻だ。

 それに比べたら、日本の移民難民問題の規模は小さいと言える。それどころか、混乱を伴わない「合法的な受入れ」を少しずつ進める日本は、「新しい移民政策モデル」を提供するとさえ言えるかもしれない。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

英国の難民排除政策

引用サイト 英 不法入国者の申請認めない法律成立へ 人権団体は批判 | NHK | イギリス 人権を尊重し難民政策で先進的と思われてきた英国だが、そのためもあって英国で難民申請をしようとする者が、フランスからボートで不法入国を図るようになった。昨年は4万5000人もが国境(領海)で拘束された。 この「不法移民法」が実施されれば、不法入国した者は難民申請すらさせずにルワンダなどに送られる。明らかな難

本国情勢を踏まえたスーダン人への緊急避難措置

在留スーダン人(約400人)について、希望する場合、個別の事情を踏まえつつ就労可能な「特定活動」の在留資格を付与して在留を認めるだけでなく、すでに退去強制を命じられた者についても同様に扱い、強制送還はしないという。 この情報は、入管庁ホームページのトップページから、公表情報=>各種公表情報=>在留資格関係=> その他、まで行ってようやくたどり着ける。(そこにはアフガニスタン人やミャンマー人への特別

アフガン退避者114名の難民認定

いいことだ。これで昨年来のアフガン難民認定者は261人になる。今後もアフガン退避者の難民認定は続くだろう。 変わりゆく現実を認めず、未だ「日本の難民認定率は1パーセント」「難民鎖国」などと唱え続ける一部NGOやメディアもあるが、日本は着実に「難民開国」に向かっている。 もっとも、認定は安定した生活に至る一つのカベに過ぎない。日本語の勉強、住宅と就労先の確保、子供の教育などなど、いくつものカベがこの

Comments


bottom of page