top of page

「準難民制度」創設は意味を持つか?

 首相も法務大臣も言っているのだから、準難民(補完的保護対象者)制度を盛り込んだ入管法改正案が秋の国会に出されるのだろう。ウクライナ避難民の来日が続くなかでタイムリーだ。

 改正法の下では、「補完的保護対象者」と認定されるには、1951年難民条約に定める迫害の理由(人種、宗教、国籍、特定社会集団、政治的意見)以外の理由(たとえば国内紛争や外国からの侵略)が認められる。しかし、重要な点は「迫害」の要件はそのまま残ることだ。

 この新制度が機能するには、「迫害」の認定も弾力的にする必要がある。ロシア軍が無差別砲爆撃や虐殺などの戦争犯罪を犯しているウクライナから「命を守るために」逃げてきた者(今回の避難民)は、個人的にも集団的にも「迫害」を受けるおそれが十分あると言えるだろう。

 日本に来たウクライナ避難民のうちどのくらいが難民や準難民としての認定を求めるかわからない。しかし「迫害」の認定が(今までと同じように)厳格すぎたり、出身国情報が十分でないために、ウクライナ避難民(や今後来るかもしれない紛争・戦争避難民)のごく一部しか「準難民(補完的保護対象者)」と認定されないなら、わざわざ準難民制度を作る意味がない。

 首相や法相が繰り返し「準難民」制度創設をいうから、申請すれば認定になると思われるが、新制度のあり方だけでなく、それをどう運用するかも重要なポイントだ。「過大な期待(宣伝)と過少な結果(保護)」、「仏作って魂入れず」にならないようにしないと、救済される人は増えない。

 難民・避難民について政治が大きく動いたときは、行政も大きく動くべきだ。日本の難民政策が変わるいい機会だ。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

英国の難民排除政策

引用サイト 英 不法入国者の申請認めない法律成立へ 人権団体は批判 | NHK | イギリス 人権を尊重し難民政策で先進的と思われてきた英国だが、そのためもあって英国で難民申請をしようとする者が、フランスからボートで不法入国を図るようになった。昨年は4万5000人もが国境(領海)で拘束された。 この「不法移民法」が実施されれば、不法入国した者は難民申請すらさせずにルワンダなどに送られる。明らかな難

本国情勢を踏まえたスーダン人への緊急避難措置

在留スーダン人(約400人)について、希望する場合、個別の事情を踏まえつつ就労可能な「特定活動」の在留資格を付与して在留を認めるだけでなく、すでに退去強制を命じられた者についても同様に扱い、強制送還はしないという。 この情報は、入管庁ホームページのトップページから、公表情報=>各種公表情報=>在留資格関係=> その他、まで行ってようやくたどり着ける。(そこにはアフガニスタン人やミャンマー人への特別

アフガン退避者114名の難民認定

いいことだ。これで昨年来のアフガン難民認定者は261人になる。今後もアフガン退避者の難民認定は続くだろう。 変わりゆく現実を認めず、未だ「日本の難民認定率は1パーセント」「難民鎖国」などと唱え続ける一部NGOやメディアもあるが、日本は着実に「難民開国」に向かっている。 もっとも、認定は安定した生活に至る一つのカベに過ぎない。日本語の勉強、住宅と就労先の確保、子供の教育などなど、いくつものカベがこの

Comments


bottom of page